車検整備の知識 その③|富士市

query_builder 2021/01/12
ブログ
IMG_1880

車検整備費用は、店頭に掲示する事が決まっています。

内訳は、

整備基本工賃

検査費用

代行料

印紙

税金

自賠責保険

となります。

整備基本工賃は、24ヶ月法定点検費用の事です。(乗用車と軽自動車の場合)

まともな整備工場へ出される場合には、この整備作業を行ってからの検査となります。

前整備後検査と言います。

代行業は、自分達で国から認証や指定を受けられていないので、整備なし。

後ほど自身で法定点検整備を受ける必要があります。

後整備前検査と言います。

整備を行わないで済ませてしまうケースが多発しており、故障や料金トラブルも無くならない上に、車の技術進歩が目覚ましいのも相まって、これは撤廃の方向で進んでいます。

車検検査だけでは、予防整備されていないので、安全が担保されません。

こんな法律を認める前に気がつかなかったのでしょうか?

今になって、撤廃させたいなんて・・・

国と言えども、浅はかな判断でしたね。

見分け方は、

助手席側(左)の上方に貼られているステッカーです。

これが貼られていれば、点検整備が行われている事になります。

印紙代や税金、自賠責保険は、金額がほぼ同じなので、何処で行おうとも、支払わなければいけません。

代行料は、陸運局に行って申請する費用ですから、遠方だと費用が変わります。

検査費用は、法基準に適合しているか確認する事です。

灯火装置や制動装置、排気ガスや外観、作動等を検査します。

これを陸運局まで予約をして持ち込んで検査を受けるのが認証工場です。

自社で、国と同じ計測機器を備えて資格を保有する等の要件を満たせば、持ち込まずに検査すれば終わるのが指定工場です。

一般的には、民間車検工場と呼ばれています。

差が付くのが、整備費用です。

これは基本点検費用なので、交換や調整が必要となった場合には、別途加算されます。

この別途作業は、車種毎に作業工賃の基準となる指数が日整連で定められているのです。

車検証のデータが無ければ、作業工賃の計算が捻出できません。

適正な料金は、このデータを元にされている整備工場だと捉えて下さい。

内訳が分かると費用目安になりますが、別途作業が対応出来る技術や資格を保有しているかは、別問題。

ここは、消費者がよく吟味して選んで頂く事になります。

車検は、どこで受けても同じではない。

選定には、人、資格、設備は、最低限確認しておきたいところです。

NEW

  • 10月から新しい車検制度が始まります!|富士市

    query_builder 2021/09/13
  • 水没に御用心!|富士市

    query_builder 2021/07/08
  • エンジンオイル仕様変更|富士市で車検なら!

    query_builder 2021/06/14
  • 車検整備資格の問題|富士市

    query_builder 2021/06/08
  • 不正車検を行った工場の末路

    query_builder 2021/06/03

CATEGORY

ARCHIVE